高ニッケル合金・チタン

ALLOY 718

  • 特徴
  • 耐腐食性
  • 主な用途
  • 化学成分
  • 機械的性質
  • 規格
  • 在庫表
  • 丸棒
  • 六角棒
  • ナット・ワッシャー
  • 六角ボルト
  • フランジ
  • 取寄品

特徴

ALLOY718は析出硬化型のニッケルクロム—鉄合金で、相当量のニオブおよびモリブデン、ならびにより少量のアルミニウムおよびチタンを添加しています。本合金は焼鈍した状態で延性が良好で、700°C(1300°F)までの温度で高強度を有します。
溶体化焼鈍および析出硬化させた状態で納品することが可能です。


• 焼鈍した状態で製造加工特性が良好
• 引張り強度、疲労強度およびクリープ破断強度が良好
• 700°C(1300°F)までの高温における強度が高い
• 1000°C(1830°F)の温度までの耐酸化性が良好
• 極低温環境における優れた機械的特性
• 低温、高温下の優れた耐腐食性、ならびに応力腐食割れおよび孔食に対する耐性が良好
• アーク溶接および抵抗溶接プロセスによる溶接性が良好(溶接後割れの心配がない)

比重8.19

在庫表

※定尺の長さは次の記号により表示しています。
◆1000mm ◎2000mm ▲3000mm ■3500mm ●4000mm ★2500mm~3990mmの切り揃え又は乱尺

丸棒
対応規格:丸棒
(ST:固溶化熱処理材) AMS5662
(AG:時効処理材) AMS5663
ST/AG共通規格:ASTM B637 ASME SB637 ※GE C50TF13(化学成分のみ) ※GE
B50T69(化学成分のみ) ※GE B50TF15 A&D(化学成分のみ) GE S-1000 GE S-400

※ロット・サイズにより対応出来ない場合がございます。

★/▲固溶化熱処理材    時効処理材

サイズ1〜13
1.2 1.6 2 2.6 3 3.5 4 4.4 5 5.3 6 7.1 8 8.95 10 12 13
                         
                           
NEW
 
NEW
サイズ16〜50
16 18 19 20 22 24 25 28 30 32 35 36 38 40 42 45 50
     
       
サイズ55〜135
55 60 65 70 75 80 85 90 95 100 105 110 115 120 125 130 135
     
   
101.6
       
サイズ140〜300
140 145 150 160 165 170 180 190 200 210 220 230 250 280 300    
                     
         
NEW
 
NEW
               

お問い合わせはフォームへ

取り扱い(国内・海外取り寄せ品 特殊合金)

相当品 丸棒 パイプ 溶接棒
最小 最大 最小 最大
インコネル718 溶体化
丸棒(ASTM B637/AMS5662)
板材(ASTM B670/AMS5596)
6.35〜254 0.25〜75.2  
相当品 丸棒 パイプ 溶接棒
最小 最大 最小 最大
インコネル718 時効材
(API6A/NACE)
12.7〜304.8      
相当品 丸棒 パイプ 溶接棒
最小 最大 最小 最大
インコネル718 時効材
(ASTM B637/AMS5663)
4.75〜152.4      

※○・・・在庫サイズ各種あり △・・・在庫サイズ限定 ☆・・・詳細お問合せ下さい
※ASTM、ASME、AMS、NACE規格等の各種規格にも対応可能です。詳細はお問い合わせ下さい。

耐腐食性

ALLOY718はクロムおよびモリブデン成分の含有量が高いため、高温・低温下で多くの媒体により発生する孔食など、全面腐食および部分腐食に対して優れた耐食性を発揮します。また、クロムを含むことで塩化物イオンによる応力腐食割れにも耐性を有するため、石油、(硫化水素を含む)サワーガスの環境、および海水中における使用に適した合金となっています。
一般的にALLOY718は温度が700°C(1300°F)以下の用途にのみ使用します。ただし、1000°C(1830°F)までの耐酸化性は特に高く、ガンマプライム相(γ')を強化した他の超合金に匹敵しうる耐酸化性を示します。

主な用途

700°C(1300°F)までの高温における強度、また、優れた耐腐食性および製造加工性から、ALLOY718は様々な分野で使用されています。最初に、航空機のジェットエンジンのタービンディスクに使用されました。この用途においては応力破断およびクリープ破断に対する耐久力が最重要となるためです。
その後、本合金の持つそのような特性、製造加工性およびコスト効率性から幅広い用途に採用されるようになりました。今日、その用途は高応力が掛かるガスタービンやロケットエンジンの回転部品および固定部品、高張力ボルト、スプリングや締め具、原子炉や宇宙船の構成部品、(銅などの)押出し用または剪断加工用の高温ツールなど、幅広い分野に及びます。最近では、オフショアおよび海洋エンジニアリングに使用されるポンプシャフト、その他の高応力が掛かる坑口装置、油井用機器など、非常に重要な用途にも利用されています。特に(硫化水素、二酸化炭素、塩化物を含む)サワーオイルやサワーガスの井戸掘削装置用の合金として役立っています。

お問い合わせはフォームへ

化学成分

  Ni Cr Fe C Mn Si Cu Mo Co Nb Al Ti B
min 50.0 17.0 bal.         2.80   4.75 0.20 0.65  
max 55.0 21.0 0.08 0.35 0.35 0.30 3.30 1.0 5.50 0.80 1.15 0.006
  P S Pb Se Bi Ta
min           0.05
max 0.015 0.015 5ppm 3ppm 0.3ppm

※表内の数値は参考基準値で、最小値・最大値を保証するものではありません。詳細につきましては別途お問い合わせ下さい。

機械的性質

  耐力(Mpa) 引張強さ(Mpa) 伸び(%) 絞り(%) 硬さ(HB)
ASTM ミニマム値 1034 1275 12 15 331
室温での代表値 1176 1343 17   382

板・パイプの機械的性質数値・資料についてはお問い合わせ願います。上記は丸棒での数値となります。
※表内の数値は参考基準値で、最小値・最大値を保証するものではありません。詳細につきましては別途お問い合わせ下さい。

規格

  材質名 丸棒 パイプ
シームレス 溶接管
ASTM UNS
N07718
B673 B670    
ASME SB673 SB670    
JIS NCF718 H4553 G4901 H4552  
DIN 2.4668 17752 17750 17751  

お問い合わせはフォームへ

免責事項
本ウェブサイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、入力ミス、プログラムミス、翻訳ミス等により誤った情報を表示している可能性があり、その内容(技術および規格資料・在庫資料などのすべての提供形態が該当します)について保証するものではありません。株式会社オーサカステンレスは本ウェブサイトの使用ならびに閲覧によって生じたいかなる損害にも責任を負いかねます。